« 宣告と決意・・・その2 | トップページ | 涙 »

2009年4月25日 (土)

宣告と決意・・・その3・・・そして最期

去る4月17日、母は亡くなりました。

初七日を迎え少し落ちついてきました。

きちんと最後まで書いておきたいと思ったので、続きを書きます。




*************************






ichi先生からの電話は、酸素を導入した方が良いだろうということでした。

この2日間の様子から、数ヶ月と言われた余命が今月いっぱいもつかどうかの状態であるという。



ショックでした。

この時から頭の中がパニックになってました。

とにかく酸素を早急に手配してもらうことにして電話を切ったけど、動揺は収まらず。




実姉に聞いてもらいたいけど、仕事中だし・・・

携帯を握り締め、更衣室に行って北国にいるおばちゃんに電話した。

ひとしきり泣きながら話を聞いてもらい、少しずつ自分を取り戻した。




夕方までなんとか仕事して家に戻り父さんに今日のichi先生の話を伝えた。



翌日酸素が届き早速母さんに装着。

鬱陶しそうだけど、呼吸はいくらか楽になってる様子だった。

この頃、もうあまり声をだせない状況だったけど、母さんはうなずいたり手をあげたりして良いかどうか意思表示をしてくれていました。




その晩、実姉と姪っ子2号が泊まってくれ、私と実姉が母さんの横にひとつの布団で寝た。


酸素チューブを装着してても、やはり苦しそうだったので、夜中3時くらいまで手を握りながら子供を寝かしつけるように肩口をポンポンたたきながら母さんの様子を見ていました。

何度か目を覚まし、豆電球の中、目をキョロキョロさせて部屋を見回す母さん。



1時過ぎくらいに父さんが起きてきて母さんの足をさすり、少しして寝なおし。




翌朝も、苦しそうながらも起きて、「おはよう」と声をかけると、にっこりして私の顔を見てました。

姪っ子2号が仕事に出かけるので「行ってくるねー」と声をかけると、「いってらっしゃーい」と声を出して見送った。


おはよーも言えなかったのに、孫には声をかけるのかいっ(笑)





10時過ぎ、実姉が母さんのそばにいるとお腹が苦しいと訴え始めた。

あまりにも苦しそうなので、心配になりichi先生に電話。

電話を切ってベッド脇に行き母さんのお腹をさすってると、排便したい言う。

オムツのままでしていいんだよー。終わったら綺麗にしてあげるからね~♪と言い、お腹をさすってるとすぐに出た様子。

それでお腹の痛みが無くなったようで少し元気になり、実姉と手分けしながら汚れ物を片付けて新しいオムツをあてるともう少し出るかもしれないという。

いいよ~。何度でもしていいよ~と答え父さんと交代し。

父さんが「おー、がんばれー、たくさん出せー」と笑いながら励ましていた。




片づけをしてると、母さんの部屋から父さんが、「おいっ!息してないぞっ!」と。




慌てて母さんの所へ行き、母さんの様子を見ると確かに息が止まっています。

胸を強くたたきながら姉に脈を取ってもらい、聴診器で心音を聞きつつ心臓マッサージを続けた・・・

途中で姉がichi先生の所へ電話をし、すぐに来てもらうことにして母さんのそばでマッサージを続けていました。

3度息を吸い込む感じで口を開けたけど、呼吸は戻らず・・・

脈がスーっと消え、心音も消えその時が来ました。





4月17日午前11時35分





その後10分くらいしてkon看護士さんが到着(ichi先生は往診中で後から駆けつけてくれることになってました)。

父さんが今から救急車を呼んで処置してもらっても戻らないかどうか質問。

kon看護士さんは、今から処置をしても可能性は薄いこと。

もし戻ったとしても、更に母さんの体をいじめる結果になることなど親切丁寧に、ハッキリと諭してくれた。

更に10分後ichi先生到着。

私たちを気遣いつつ、母さんの瞳孔や体音などの確認をし、午後12時15分死亡確認。




先生の話だと、2度目の排便の際、息んだときに血圧が急激に変化してしまったのではないかとのことだった。





母さんの最期は、苦しがる様子も無くとても穏やかに静かに逝きました。

父さんと娘二人に見守られて母さんは幸せだったでしょうか。








今後、このブログは母さんの葬儀の様子や思い出を織り交ぜつつ、父さんの様子を書いていこうと思っています。

ア○ちゃん、背中を押してくれてありがとうconfident



« 宣告と決意・・・その2 | トップページ | 涙 »

介護」カテゴリの記事

コメント

心からお悔やみ申し上げます。


更新されていないので、ミニョさん体調崩されたのかな・・って
思っていましたが・・・

ミニョさんやご家族の皆様の頑張り しっかり見せて頂きました
お母様もきっと ありがとう って言ってらっしゃるはずです
皆様の頑張りを見習えたらと思います。

お疲れの事とは思いますが どうぞ ミニョさん、ご家族の皆様 お力落とされません様 ご自愛下さいませ。

もぅ一週間たったんだね…おじいちゃんは元気ですか?きっとすごい寂しいだろうなぁと…気になってますweep

だからやっぱりブログ続けてくれたら様子がわかるし安心dash


本当にお疲れ様でした。
どれだけ大変で辛かったか…計り知れないけどこれからは自分のために少しでも過ごしてほしいです。

ヤマト、ノノも最後におばあちゃんに会わせることができて本当に良かった。


ブログ楽しみにしてるので時間があるときは更新してねheart01

まろっちさん>ありがとうございます。
まろっちさんもご両親のことで大変な毎日なのにお気遣い感謝いたします。
落ち着いたら、まろっちさんのブログに遊びに行きますね^^

akiちゃん>遠くまで来てくれてありがとう♪
akiちゃんたちが来てくれて、そしてお母さんが分骨して連れて帰ってくれたこと。本当に感謝しています。
ヤマトやノノちゃんも大人に付き合わされて疲れただろうね。
四十九日が過ぎたら報告を兼ねてまた連絡するからね。
じいちゃんのこと、これからもよろしくね^^
お母さんやおばちゃんにもよろしく伝えてくださいね~wink

心よりお悔やみ申し上げます。

ブログ上だけでの拝見でしたが、
お母様は、温かいご家族の中で、
静かに旅立たれた事、
喜んでおられる事と思います。

ミニョさんや、ご家族様
どうぞ、お疲れが出ませんように、
ご自愛くださいませ…。

お悔やみ申し上げます。

なんと言ったらいいか・・・言葉に詰まります。
仕事がら、たくさんの方を見送ってきました。
だからいつかこういう時が訪れるやもしれぬ事は
予想できるのですが・・・。

ここでミニョさんの頑張りを身近に見てきたように
感じていたので・・・
残念です・・・。

でも、本当によくお母様の事を考え、
お母様によい事を次々と取り入れて
お世話されてきた事、きっとお母様も
わかっていたはずです。

今はまだ、色々やらなければいけない事も
たくさんあって、気が張っていらっしゃると
思いますし、お父さんの事もあるので
心休まる時間は少ないと思いますが、
気がつかないうちに身体や心が疲れていることが
ありますので、どうぞお気をつけ下さい。

ケアウェルさん>ありがとうございます。
おかげさまで今のところ父も私も元気です。
今後もよろしくお願いいたします。

あおさん>ありがとうございます。
あおさんの暖かい言葉に感謝しております。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1097243/29274237

この記事へのトラックバック一覧です: 宣告と決意・・・その3・・・そして最期:

« 宣告と決意・・・その2 | トップページ | 涙 »

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ