« 閑話休題 | トップページ | 訪問看護のその後 »

2009年3月11日 (水)

お目覚めと共に

母さんが目覚めると口にするのは、痛い痛いである

かわいそうだけど、どうしてやることもできない

せいぜい、痛み止めを飲ませてあげることくらい

痛み止めを飲む間隔も短くなってきている



便秘のせいもあるのだろうが、癌が進行しているのだと思う



肝機能も少し落ちてきているらしく、先週の診察で肝機能を助ける薬も処方された


そろそろ緩和ケアについても考えなくてはならないのかもしれない



まだまだ術後の経過が改善されない父さんは、自分のことで今の所気持ちに余裕が無いので母さんの今後について相談するのはもう少し後になるだろう




噂では、緩和ケアをしてくれる施設?病院?は、空きが無く順番待ちだとのこと

痛みに苦しむ患者を自宅でゆったりと緩和ケアする方法って無いのかしら・・・

そういった施設にいれずに自宅で過ごさせてあげたいなぁ



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

« 閑話休題 | トップページ | 訪問看護のその後 »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1097243/28566496

この記事へのトラックバック一覧です: お目覚めと共に:

« 閑話休題 | トップページ | 訪問看護のその後 »

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ