« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

いろんな手続き・・・ヤレヤレ編

親父の退院を明日に、母さんのアレコレ手続きを済ませておかなくてはっ!と、ヘルパーさんの件、レンタルしてる車椅子の引き取り手配、在宅での歯科検診の手配、訪問看護さんの手続き書類記入及び、ケアマネさんとの連絡事項多々あり、携帯が手放せません。



この介護保険を利用していろいろ助けてもらっているけれど、それぞれに契約書を交わさなくてはならないというのは、結構面倒がありますね。

レンタル屋さんにしても、いろんな会社があるし扱ってる物はほとんど同じだけれど、たまさか必要なものがA社だけにしかなかったりすると、そっちでレンタル契約。

でも、A社ではコレが無いので、コレはB社で契約と言う風に、なんだかなーってのもあります。


訪問介護も、訪問歯科検診もヘルパーさんもそれぞれに契約書を交わす。


しかも、そのどれもが、自宅に来て利用者の前で話をすることになる。

他人様を自宅に呼ぶのが、大変苦手な母さんは、人が来るというだけで緊張してしまう。

でも、最近はいくらかこの環境に慣れてきたのか、ケアマネさんだけには、にこやかに対応できるようになってきました(笑)



先日書いたヘルパーHさんについては、やはり交代してもらおうと相談してみたけど、上司の方(Aさん)がしばらく指導を兼ねて付いてくれるそうなので、もうしばらく様子を見ることにしました。

こちらの言い分をAさんはしっかり理解してくれましたので、少しの間様子を見て、やはりミニョたちが不安を持つようなら他のヘルパーさんへの変更をしてくれるそうです。

決まったらまた後日ご報告しまーす♪





ところで、昨日デイケアに出かけた母さん。

毎月末の木曜日は絵手紙の講習がある日。

初日の体験の時にやって楽しかったようで、今回も参加させてもらったようです。

これ↓↓がその作品。

絵なんて私たち子供の前では描いたことがなかったのに、こんなに可愛く描けました♪

Hinamaturi

なかなかの出来栄えに本人もご満悦♪

可愛いよねぇ~happy01

こんな私は親馬鹿ならぬ、子馬鹿?(笑)



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2009年2月26日 (木)

ごめんなさいごめんなさい!

続きを書くなんて言っちゃってて放置状態でした(^^;

コメントもいただいてるのに、お返事もせずにすみません(ぺこり)



えっと、まずご報告です

我侭自己中親父殿(笑)、28日に退院が決まりました。

いろいろご心配をおかけしました。



手術後、3~4日目くらいに錯乱症状が出まして、眠り続けること2日。

その間、食事の時間に起こすと朦朧としながらも食事は自分ですることができてたけど、記憶障害で会話にならず。

数分前のことを忘れ、今自分が病院にいることすら認識しなかったり、夜間は幻想なのか夢なのか訳のわからない言動をしたりベッドから落ちてみたり・・・と一時はどうなることやら・・・

このまま一気にアルツハイマーか?と不安に襲われたけど、その後1日、1日と少しずつハッキリしてきて、2日前くらいにやっと正常な会話ができるようになりました。

高齢者の全身麻酔による手術というのは怖いですね。

このような症状が出る高齢者さんて多いのだそうです。



やっと全粥になった2日前(大腸の手術そのものは順調に回復してます)、母さんと実姉と3人でお昼ころ見舞いに行ったら、「カツサンド」が食べたい!と言い出し、まだ常食じゃないんだからまずくないか?と意見したら、「もうなんでもなーいっ!病院食だけじゃ病気になっちまうっ!」とわけわからん理屈で一喝されまして、お気に入りのお店へ私と実姉で買い物にいきました(^^;

通常の1人前では多すぎるので、ミニサイズを購入。

物足りなそうにしてたけど、病院の食事とミニサイズカツサンドの両方を完食しまして満足してましたrestaurant

しかし、良く食う老人だ(笑)



そのせいか、本日無事にンコちゃんも術後初めて出すことができたそうで、やっとお腹の中がスッキリしたようです。


みなさまにもご心配をおかけしましたが、父さんの方は一応これで落ち着くことと思います。

ありがとうございましたhappy01




でも、まだしばらくは私の生活は落ち着かないんだろうなぁ。

足腰が弱ってしまった父さんに、母さんの介助はもう難しいだろうしね。




がんばんべー!



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2009年2月19日 (木)

さてさて・・・

怒涛の1週間報告~♪




パフーパフーsign05

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー





なーんて、大騒ぎして発表するようなことじゃないんすけど、気分だけ盛り上げてみようかと・・・(笑)



さて、先週のヘルパーさんデビュー後の様子を一気に報告!


母さんの調子は相変わらず少食で相変わらずフンフン言ってて相変わらず痛い痛いとしかめっ面しつつお腹スリスリしてて相変わらず便秘なご様子だっ。


言葉通り一気に書いてみた(笑)

毎日がこの調子だけれど、時には機嫌よく起きてご飯をモリモリ(と言っても、普通食の1/3量くらいだけど)食べたり、ミカンを頬張ったりしてました。

床ずれの状態は、破けたところは皮膚の再生が見られ、その他も少しずつ改善していってます。

食べるって大切ね♪





そして入院中の父さん。



16日に無事手術が終わり、術後集中治療室で目覚めたときには意識が混濁しており会話はできなかったけど、まぁしゃべることもできたので私は部屋に戻って1時間くらいで帰宅。

翌朝行くと、車椅子&看護士さん介助の元、トイレに行けるほどにしっかりしてました。

その後一般病棟に移され、荷物などの移動をして午後私は出勤。



同日夕方病室に行ってみると、頭から湯気出しそうなほどイライラの塊になってましたわ(笑)



まだあちこちに管がつながってることと、思うように動けないこと、口の中が粘ついて気持ち悪いこと、手術中に前歯が何かに当てられグラグラになり痛いこと、そのどれもがイライラに拍車をかけ、看護士さんの存在すら鬱陶しく感じるらしいcoldsweats01


トイレ介助に来てくれる看護士さんにも、いちいち来なくていい!

優しすぎてうるさい!←無茶苦茶やなぁ・・・



すんません、すんません、とんでもないとこ言うクソ爺でshock


んなこと言ったって、看護士さんもお仕事ですから放っておくわけにゃいかんわねぇ・・・

んで、私がいるだけでも理由もなく怒鳴られるので、そそくさ退散(笑)

看護士さんに、頭下げまくりで後をお願いしてきましたわよ。




あ、ちなみに術後の経過については、少々熱があることだけが気になるけど、その他は大きな異常もなく順調なんだそうで、もう少し様子見。




父さんの一挙手一同を書いてるとどんどん長くなるるる~~~(笑)

なので、術後2日目からのことは、また次回。



って、続ける必要あんかいな?

いやっ、なくても書いてやるっ。

父さんの恥ずかしいことみーんな書いてやるぅっ!

父さんの鬱憤よりも、娘ミニョの方が鬱憤溜まってるんだもの、書くくらいしなくちゃ父さんより激しく爆発しちゃうからっ(笑)



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2009年2月15日 (日)

ヘルパーさん

木曜日。

母さんのデイケアの日に、初めてヘルパーさんの送迎開始。

先日の契約のときに会ったAさんと、今後担当してくださるHさんが来てくださった。

お初のHさんは、とても優しそうで感じが良いんだけど、少々お歳がAさんより上の様子。

失礼だけど、一瞬ウーン大丈夫かなぁ・・・って思った。

でも、かなりのベテランさんだと説明を受けとりあえず階段の下り開始。

Hさんが介助してくれるのかと思いきや、契約時に階段を降りる際の介助方法をどうしたら良いか相談してあったのを考えて来てくれたそうで、Aさんがその方法を試してみる。

その方法だと母さん、かなり楽だそうでHさんにこうやってくださいとAさんが指示しながら1Fまで降り、続いて20段くらいの上り(道路へ出るには、降りたあと上らなくてはならないのだ)は、私がいつもしている介助方法をやってみせる。

道路に出たあとは、車椅子を用意して乗せ、ケアセンターの車が来る場所まで押していく。(車道へ出るのにも、段差の無い場所までは50Mくらいあるので、家の目の前では乗れないのです)

ケアマネさんもわざわざ様子を見にきてくれました。

そして、夕方のお迎えにもAさんHさん揃って来てくれて、今度はHさんが介助。

まず下り。

Aさんに比べ、ちょっと頼りない感じ。

というか、遠慮がちというか自信なさげというか・・・ちと不安。

上りに関してもやっぱりイマイチタイミングが合わず、母さんちょっとふらついてました(^^;

お互いに慣れるまで時間かかるのかな。

Aさんがやってくれると安心なのになぁ・・・なんちゃって思っちゃいけないのかな?

Hさんも一生懸命やってくれてるので、何度か様子見てみようと思います。

この1ヶ月くらいは、私が一緒にいるしね。

また後日記事にしたいと思います。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2009年2月11日 (水)

忙しいーぜよ

昨日は父さんが入院して初めて母さんと二人きりの1日。

仕事もあるので、まず朝出かける前に母さんを起こしてご飯を食べさせ、トイレに誘導させてベッドに寝かせAM9:40出勤。



会社について、アレコレやって銀行めぐりしてたら、もうお昼。

12時になると同時に会社を出て一旦帰宅。



母さんに声をかけて起こし、昼食の用意をして母さんを食卓まで誘導し、一緒に食事。

食後にまたトイレに誘導してベッドへ。



会社に戻ったのがPM13:10.



バタバタと仕事をして、PM16:00会社を出て自宅に戻り、母さんに声をかけたとたん携帯が鳴り、出てみると包括支援センターの職員さんからで頼んでおいた車椅子を持ってきてくれたとのこと。

慌てて脱いだコートを着て、1Fまで駆け下り、車椅子を受け取りまた家に戻り。

母さんのトイレを済ませて父さんに頼まれた荷物をまとめお米をといで炊飯器にセットし病院に。

(前日父さんから3回も電話があり、アレヤコレやと入院生活に必要なものを頼まれていた中に家の車椅子も入っていたのだ。

タバコを吸いに喫煙所へいったりするのに、結構病院内は広いので、途中で歩けなくなってしまうんだそうだ。

病気で入院してんだから歩き回るなよ!禁煙しろって先生に言われてんべ!と言っても、聞く耳持たず。

で、結局母さん用に、急遽借りることになったのだ。)



我侭父さんに荷物と車椅子を渡し、病院の近くで買い物して帰宅したのがPM18:10.



母さんに声をかけて、食事までの間テーブル来てもらいテレビを見せて座らせて、その間に大急ぎで晩御飯支度。

一緒に食卓についていただきます♪PM19:00

食後テレビを一緒に見て、母さんが座ってることにもう限界だというので、トイレに誘導してベッドへ。PM21:00



母さんと話す時間をもっと持ちたいけど、なかなか難しいねぇ・・・



後片付けをしてちょっとネットして、母さんの隣に布団を敷いて、寝たのがAM24:00。




AM2:35 母さんがトイレタイムで誘導し再就寝。




AM5:00 母さんがトイ・・・以下同文。




携帯アラームでAM7:00起床。




なんか寝た気がしない・・・(笑)



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2009年2月 9日 (月)

父無事入院完了

入院するのに無事っちゅーのもナンですが・・・(笑)

なんとか病室までたどり着きほっとしたミニョであります!



入院が決まってから、毎日のように屁理屈をこねてはなんとか回避しよとやっきになってた父さん。

アンタは小学生の坊主かいっ!ってくらい、くだらないこと言ってなんとか取りやめるようにミニョに訴えておりましたよ。

そのたびに、ハイハイハイハイと4つ返事で返し、テキトーにあしらってまいりましたわ(笑)



あと1週間、手術日までなんとか病院からの脱走をせぬよう懸念しつつ祈るようにその日を待ちたいと思います(爆)



今日はまた実姉が応援に来てくれたので、以前から考えていた母さんのワクチン注射について相談もしてきました。


今までは、近所の病院から看護士さんに来てもらって注射していたのですが、その看護士さんがある事情でこられなくなったのです。


しかし、週に3回母さんが通うのはやっぱり難しいので、いよいよ私が打つことに決心したのです。

皮下注射なので、家族がやるのも吝かではないと言われていたのです。

で、お医者さんと看護士さんに相談して、やり方を教わってまいりました。

今度母さんの診察日に行ったときに、実践します。

人の肌に針を刺すって、結構怖いよね。

でも、母さんはミニョなら安心して任せられると言ってくれてるので、がんばりまっす!!!



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

介護ヘルパーさん

今日、介護ヘルパーさんの契約をしてきました。


たった20分程度の送迎介助だけの利用だけれど、5階の階段送迎なので若い体力のある人で、さらに明るく優しい女性を希望♪


って、条件付けすぎ?( ̄○ ̄;)

でも、母さんが一番不安がってる階段昇降なので妥協はしませんっ!


って、時間がかかってもそういう人が見つかるまで自分で介助しようと思ってたんだけどあっさり見つけてきてくれたケアマネさん。

ありがとうございますhappy01



事前に会って確かめておきたかったので、今日その事務所まで行ってきました。

所長さんは私と同じくらいの年齢で、家の担当主任さんはもう少し下かなぁ・・・

実際に介助担当をしてくれる方とは今日は会えなかったんだけど、他のヘルパーさんもみなさん同じくらいの年齢だと言うことなので大丈夫でしょう。

あとは実際に介助してもらうのを見ながら確認していこうと思います。


今週のデイケアが楽しみです♪



さて、明日から父さんが入院なので、今日はその準備でバタバタしてました。

やっと父さんも観念したのか、午後になって荷造りに少し参加してましたhospital

午前中までは、まだ入院に抵抗してたんですよー(笑)



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2009年2月 6日 (金)

なんだかクタクタ(^^;

今日は、訪問看護の主治医になってもらう先生に大学病院からの紹介状を持ってお話に行ってきました。

紹介状の中に血液検査の結果が入ってたんだけども、先生は驚いてました。

栄養状態がとても良くないらしいbearing

確かに少しの量しか食べられないし、お肉は食べないし卵もあまり欲しがらない。

元々高カロリーの物があまり好きでは無いし、好むのは刺身ばかりだしね。

その刺身ですら、最近はあまり食べなくなった。

昨日は珍しくシシャモを3本も食べたけど、ご飯はティースプーン3杯くらいだった・・・

栄養ドリンクも処方してもらったけど、味が好きじゃないからと飲まないし・・・

ということで、今日カロリーメイトを買ってきた。

少食なので、夕方になると多少空腹を感じるらしく、果物を食べたりしてたけどそれをカロリーメイトにしてもらおうかと。

バランスが良い食品なので不足分を少しでも解消してもらいたい。



なーんて、漠然と栄養価の高いものといわれても全然想像つかず安易に選んでみたcoldsweats01


実際どうなんだろう?

高齢者の食事で消化が良く栄養価が高いものって何があるんだろうか。


いろいろ探してみなくちゃ・・・

どなたか良い食品やメニューがありましたらご指南くださいませm(_ _)m


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2009年2月 5日 (木)

ドタバタな数日

体験日の後、母さんのデイケアへの意気込みが萎えない内にと、ケアマネさんに連絡して、早急に話を進め明日からデイケアに通うことになりました。

ただし、送迎に時間がかかってしまうので、ヘルパーさんの利用を条件に出されました。

ケアマネさんががんばってくれているけど、そう急には見つからないので、見つかるまでは私が送迎をすることにしました。

会社には迷惑かけるけど、社長を含めみんなが快諾してくれたので甘えることにしました。

しかも、来週から父さんが入院するので、昼休みにも母さんの様子見とトイレ介助があるので一度家に戻ることにした。

すみません、社長&社員のみなさまcoldsweats02感謝しております。

って書いても誰も見てませんが(笑)


デイケアの手続きや、訪問看護も利用しようと主治医になってもらう先生へのお願い面会したり(現在掛かってる先生は大学病院なので、往診や外科専門なので往診などは望めない)大学病院の先生に紹介状を書いてもらうようお願いに行ったりの中、認知症も気になるのでその専門病院に母さんを連れていったりと、この2~3日はなーんか忙しかったcoldsweats01

とりあえず、今日そのほとんどが終わり、後は主治医になってもらう先生に大学病院からの紹介状を持っていくだけとなりました。

でも、それも今週中にしなくてはなりません。

なんせその先生の所には、父さんも診てもらってる(高血圧)ので来週からの入院に向けて、薬の処方もしてもらってこなくては・・・

ちなみに認知症は進んでおらず、と言うより認知症と呼ぶほどのことではないとのこと。

良かったぁ~happy01

実は前回まで違う病院に行ってたんだけど、そこの先生が外来をしなくなるというのと、ある院内感染でニュースに出てた病院だったので不安で病院を変えたのです。

そこでは、はっきりと認知症だと言われたんだけど、今回の病院ではそこまでの症状では無いって言われた。

診察は同じような内容の仕方だったのに、診断結果は違うもんなんですね。

何が基準になってるのだろうか・・・不思議だ( ̄○ ̄;)

家族としては、良い結果の方を信じちゃうよね(笑)

さぁ、がんばろ~(^○^)



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2009年2月 2日 (月)

真夜中のピンポ~ン♪

ピンポン♪と言っても、卓球ではない(笑)



我が家は、両親と私の寝る部屋はふすま1枚隔てた別室。

母さんのベッドの下に布団を敷いて親父が寝ている。

ふすま1枚でも、物音は聞こえるけど細かいことはわからない。

母さんの様子がわかるように、ベビーモニターを付けて、私の部屋に声が聞こえるようにしえある。

さらに、母さんが起きなくても私を呼べるように玄関につけるドアホンを設置してあるので、用事のあるときはそれを鳴らすのだ。

ピンポ~ン♪って。




で、昨夜午前1時過ぎピンポンピンポン♪ピンポーン♪と勢い良く鳴り出した。

慌てて起きて母さんの元へ行くと・・・




「ミニョ・・・薬屋さんがピンポン♪って鳴らしてるから出て~」coldsweats01


あたしゃ、へっ???って感じだが、寝ぼけてるんだなぁ~と思いつつ、今は夜中だし誰も来てないから、大丈夫だよ~と。

ポンポンとゆっくり布団の上からたたいている内にス~っと寝てしまいました。



なんだったんだろ・・・・?と私も再び就寝。



そして4時間後の午前5時にまたもや勢い良く鳴るピンポンピンポンピンポン♪の音で飛び起きた。


急いで母さんのところへ行くと、今度は「もう夕ご飯でしょ?」とcoldsweats02

いや、まだ朝の5時だしご飯はまだだよ~と答えつつ母さんの表情を確認。

なんかアッチの方見ながらうつろだぁ~bearing

目を覚まさせようと、顔をなでたり声をかけるが焦点が戻って来ないsweat01


うーん、どうしようか。と、考えていたら急に母さんが「今何時なの?」と。

朝の5時ですよ~clock時計を見せて確認させると、「あれ、おかしいねぇ」とやっと少し戻ってきた感じ♪

まだ早いからもう少し寝よ♪
お薬(睡眠導入剤)飲む?と聞くとうん。と素直にうなずくので1粒だけ飲ませて少しの間手をつないでてあげたら、気持ちよく寝息をたてだした。




ふぅ・・・どうしちゃったんだろ?

夕べは機嫌よくお風呂にも入って気持ちよく寝ついたはずなんだけど・・・

ずいぶんといろんな夢を見てうなされていたようだ。


結局私はそのまま起き出してネットで床ずれのことや、確定申告の整理などしていました。



私の出勤時間頃、母さんの様子を見にいくとベッドの中でうつろな目で空をにらんでたけど、私を見つけるとどこ行ってたの?って聞いてきた。


うむぅ・・・まだなんかうつろだぁsad


でも、これから仕事に行くことを説明するといくらかしっかりしてきたようで、ちゃんと「いってらっしゃい、気をつけてね」と声をかけてくれました。




今日は実姉が来てくれることになっていたので、いくらか安心して仕事に出かけました♪

仕事中に何度か電話で様子を聞き、帰宅するとだいぶいつもに近い状態に回復してたので一安心happy01




みんなでご飯を食べる頃にはかなり回復smileよかったぁ~♪

真夜中のピンポン♪は、ちと怖いっすcoldsweats01


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2009年2月 1日 (日)

昨日の続きでーす

16:30帰宅後の様子は・・・

以下親父からの報告です。

帰ってきたら即効でベッドに直行!

だそうでして(笑)

私が帰宅したとき(19:30頃)まだ寝てましたcoldsweats01

よっぽど疲れたんだろうねぇ

夕飯のしたくをして起こすと、元気に食卓に♪

持ち帰った絵手紙を親父に披露して、私が仕事に出たあとのことを報告してくれ、

今後もこのデイサービスに通いたいってflair

うふっ♪

意欲が出てきたみたいだわっ

喜ばしい傾向です。

ということで、翌日早々にケアマネージャーさんに連絡。

送迎の際のヘルパーさんの手配と、ケアセンターへの手配をお願いしました。

ケアセンターさんとは、2/3に契約することに。

ヘルパーさんには、階段の上り下りだけだけど、一番大変なので、元気で明るく優しい若い女の子を希望heart04

なかなか条件に合うヘルパーさんがいるかどうかわからないので、ヘルパーさんが見つかるまでは、私が送迎時間に合わせて階段昇降の介助をすることにしました。

2/9から親父が入院するので、ちょうどその週くらいから通うことになるだろうから私的には、時間調整もできそうなのでOK♪

親父の入院中は私は重役出勤にさせてもらったので、送り迎えには支障なし。

その間にはヘルパーさんも見つかることでしょうnotes

明日は、やっと風呂場のドアが折り戸に交換してもらえます。

いくら~かお風呂介助が楽になるなぁ ヽ(´▽`)/


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ