トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月25日 (木)

9/24物忘れ専門外来

このところ、物忘れやボーっと気が抜けてる上体や、異常行動が少しずつ増えてきた母さん。

これは早いとこ手を打たねば!ってことで、受診してきました。

結論から言うと、アルツハイマーではなく、血管性認知症ということでした。

脳梗塞による影響が大きいので、一般的に使われている進行を遅らせるという薬での治療はあまり効果が無いかも・・・と言うことでしたが、まったく無いともいえないので、検査後服用してみるという方向になりました。

その薬は、個人個人で違うようだけど、副作用が出る場合もあるとの説明。

どのような副作用なのか聞いてみたら、現在服用している薬と似たような症状がでるそうで、判断が難しそうです(^^;

そして予防としては、脳に刺激を与えることが一番である。よって、デイケアーに参加してどんどん脳を刺激しましょう!となりました。

その話を聞きながら母さんは、どんどん不安げな様子に(笑)

もともと出不精で人付き合いが苦手で、体の自由が利かない今、知らない人たちと交流を持つことはかなり億劫なのかもしれません。

負担に思わせないように注意しなくては。

で、9月初めに面談したケアセンターさんに契約をしたいと電話をしました。

来週月曜日に、現場(我が家)視察と、母さん本人に会いに来ることに。

まずは週イチのデイケアーから開始しようと思います。

でも、5階の昇降はキツイだろうなぁ・・・

母さんに少しでも歩いてもらわねばshoe

2008年9月19日 (金)

転換期なのか?

この2~3日で、いろいろな話題が出た。

まずは家のこと。

母さんの体があまり自由にならなくなってきて、階段の上り下りが非常に大変。

現在我が家は都営の5階建て団地に住んでいるのですが、かなり古くエレベーターが無い。

なので、えっちらおっちら自分の足で上り下り。

通院等で週に3度ほど出かけなくてはならない母。

もう限界に来てるようだ。

そこで、都にEV付団地への引越し申請をした。

まぁ、すぐに空きがあるはずは無いと思うが申請だけでもしておけばタイミングさえあえばなんとかなりそうである。

あと、暫くの間ワクチンの注射は、近所の病院から看護士さんが往診注射をしにきてくれることになりました。ありがたーい。

でも、通院が唯一の運動だったので、それがなくなるということは、家の中で少しでもリハビリさせねば・・・

だって、抗がん剤の投与はまだまだ続くから、病院まで行かんとならんので。

そして、私の勤める会社だが、個人経営の中小企業である。

この1~2年非常に景気が悪く、いよいよ危ないかも?と思ってた矢先、後ろ盾してくれてる企業さんから、事務所をたたんでこっちに来てやらないかと助け舟をだしてくれた。

けど現在地は東京だが、その企業さんは同じ関東圏内ではあるがかなり遠い。

よって、私には通えるわけも無く、「はぁ、無職になるのか・・・」と思ってたら、在宅で経理処理をやって欲しいとシャチョーから言われた。

ラッキー♪である(笑)

給料はかなり落ちるけどしゃーないですなcoldsweats01

そんなこんなで、今年後半は慌しくなりそうだニャcat

2008年9月16日 (火)

敬老の日

久しぶりに義兄が実姉と娘っ子1号と来てくれたよhappy01

母さんは嬉しそうにまだかまだかとがんばって椅子に座って待っていたが、堪えきれずにベッドIN♪

体制を整えて「はぁ~、横になってるのが一番楽だわぁ~wobblyと、やっと落ち着いた所へ義兄たち到着(笑)

少しでも元気な姿を見せたかったのに、残念(;;;´Д`)

挨拶だけして、そのままお昼寝タイムに突入sleepy

娘っ子1号は、じーちゃんと一緒に映画デートへお出かけ♪

(1号はよくじーちゃんと遊んでくれるので、毎回来る度に映画デートをしてくれる(笑))

3時過ぎにトイレに起き、梨を少し食べたらしい(私はその間買い物にお出かけしてました)

梨を食べ終わった頃、私が帰宅。

夕食に焼肉屋さんへ行こうと話してたけど、母さんはどーしても辛くて出かけられないと言うので、親父も一緒にお留守番ということで、姉家族と私の4人でガッツリ食べてきました♪

戻ってから、娘っ子1号が、母さんとまったりおしゃべりタイムを過ごし、姉たちがお帰りに・・・

母さんは少ししか、話せなかったけど楽しかったようだ^^

姉たちが帰ったあと、親父の夕飯つくり。

歯が痛いのでやわらかいものをご所望なので、冷凍してあったひき肉で手抜き煮込みハンバーグで一人ご飯。

食後、娘っ子1号が、進言して買ってきたケーキを母さんも起きてきて二人で一緒に食べる。

母さんは、美味しそうに半分くらい食べたよ~♪

みんなも疲れてるのに、来てくれてありがとぉ~happy01

2008年9月14日 (日)

めでたく退院♪

ご心配をおかけしましたが、無事に退院しました♪

相変わらずめんどっちぃ妖怪ですけど(笑)

でも、病院にいるときよりは、動いてるかな?親父がいるからだろうねぇ。

私甘やかしすぎか?

まぁ、ヒーヒー言いながらも5階までちゃんと上がれたし、いっか(笑)

やれば出来る!

の、精神でがんばってもらいましょう^^

閑話休題

母の介護の話ばかりなので、たまには違う記事を・・・

先週金曜日のお話

親父からメール着信。

今日は母さんのところへ行ってたはずだけど、何かあったのかな?と読んでみると・・・

今夜の食材、大変豪華な 物を、取り揃えております、お楽しみ、お帰りください』(原文まま)

なんじゃこりゃ(笑)

ツッコミどころ満載です。

でも、これだけ、「、」が使えて、漢字変換も間違えていないメールは珍しい。

意味は通じるのでヨシとしましょう。

数日前に来たメールは意味不明でした。

こんなの↓

キッチンベーと 同じ 埃りとりのロールシ を 買って 下さい』(原文まま)

意味解かります?

まず、「キッチンベー」がわからん(笑)

んで、「ロールシ」ってはなんじゃ?

さっそく電話をかけて確認。

「キッチンベー」はキッチンペーパーで、「ロールシ」ロール状になってるものでした(笑)

リー○キッチンペーパという、ちょっと厚めのスポンジ状のキッチンペーパーが欲しかったようです(笑)

2008年9月12日 (金)

めんどっちぃ妖怪

母さんの退院が決まりました♪

本当は明日でも良いんだけど、私が自分自身の病院に行かなくてはならないので、日曜日に決めてきましたcoldsweats01

母さんすまぬ(^^;

ゆっくり朝まで寝られるのは今夜と明日の晩だけだな~(笑)

なんて親父と話して笑ってました。

明るいニュースはいいね♪

しかし、入院してからの母さんの我侭っぷりはかなーりひどくなった。

体が自由に動かせず痛みが伴うから、余計にそうなるんだろうけど、口癖のように「めんどっちぃ」って言う(笑)

「面倒くさい」では無く、「めんどっちぃ

朝、「歯磨きしよっ!」って話しかけると、めんどっちぃい

「トイレ行きたいなら行こう!」めんどっちぃからこのまましちゃうよぉ・・・(1日中オムツしてるから)

夕食後の歯磨きもめんどっちぃ

冷蔵庫に入れてあるブドウお昼ご飯の時に食べなね♪って言うと出すのがめんどっちぃから夕方ミニョが来たときに食べるーって・・・

アナタはめんどっちぃ妖怪かっ(笑)

今日は、腰にブロック注射をしてもらった。

なかなか効き目が現れないけど、やれることはなんでもやってみないとね。

2008年9月11日 (木)

笑顔

母さんは、足も腰もお腹もあっちこっち痛いとこだらけweep

いつも、眉間にシワを寄せてふさぎこむような、呆けたような表情をしている。

そんな表情をしてると気持ちも暗くなるし、周りも暗くなる。

なので、笑う練習をさせる(笑)

手のひらを口角のところにあてて、斜め上にマッサージするように押し上げてあげると自然に笑顔が出てくるのだhappy01

笑おっ♪笑おっ♪と、私も笑いながらやるとさらに効果抜群!

実姉も来てくれるときは、足踏み運動や笑顔運動?をしてくれる。

実姉はとっても明るい人で、子供たちがうるさいっ!って言うほど良く笑いしゃべる人だ(笑)

そんな実姉が相手をすると、母さんの笑顔率もグーンとUP!

ヘルパーさんに雇いたいほど(笑)

忙しい中、まめに顔を出してくれてありがとう♪感謝してます。

これからもよろしくねwink

2008年9月10日 (水)

大腸検査

昨日からの点滴治療に続き、大腸にカメラを入れての検査。

朝、8時半に先生から検査の説明があるので来てくださいとわざわざ電話があったので、急いで行ってみたら、偶然病室に行く前にエレベーターの所で先生と会った。

「あー、呼び出したのにごめんなさい、今から緊急の手術になったので、夕方にでも!」と言い残し手術室へ行ってしまった先生。

うぅ・・・朝バナナ食べる時間も惜しんで来たのにぃと思いつつ(笑)病室へ。

ナースセンター(って、今でも言うのかな?)で面会カードをもらってるとこへ、先ほど電話してきた看護士さんが、「あ、先生に今連絡しますね!」と・・・

「いや、今下で会ってこれから手術なので、夕方にって仰ってましたよ~」と、伝えると、キツネにつままれたような顔してた(笑)

病室に行くと、グーグー寝てる母さんsleepy

補聴器を着けたままだったので、おはよう~♪と声をかけたらすぐに目を覚ますが、なんとなく呆けた感じsweat01

にこやかに話しかけ、起こしてトイレに連れて行き洗顔と歯磨きをさせる。

今日は、実姉とその娘っ子2号(母にとっては娘と孫)が来てくれるよ~と話すと、一瞬驚いたようだがすぐに嬉しそうな笑顔にhappy01

彼女らが来ると、本当に元気になる母さん。

娘っ子は1号と2号がいる(笑)

1号は自身も障害者という立場にいながら障害者の施設で働き、2号は健常者であるがやはり障害児の施設で働いている。

どちらも今年から働き始めた社会人1年生である。

二人ともが福祉の世界で働くようになり、心強いがまだまだひよっこchick(これ見たら怒られるかもしれんな(笑)

おばーちゃんである母の事も、よく面倒みてくれるのでありがたいと思ってるよ♪

夕方、会社帰りに寄ると、二人が来てくれたことを嬉しそうに話す母さん。

笑顔いっぱいで、私も嬉しかった♪

そして、大腸検査の結果を先生から聞いた。

「腸の中は綺麗で、出血箇所ももうふさがってて明日から食事もOKですよ」と。

ホントか?じゃ、なんであんなに出血したんだ?と思ったが、先生が「突発的なもので~~~うんぬん」と。

2~3日食事を摂りながら様子を見ましょうということになりました。

その話の後、母さんは「それじゃ、明日ブドウ持ってきてね♪」だって(爆)

さっきまで、今日の検査は今までで、最高に1番痛くてつらかったのーと泣きそうな顔してたのにさ(笑)

ま、気持ち的に元気になってくれて良かったheart04

明日の朝は、冷えたブドウとお水(病院の水美味しくないんだもん)持っていくからね~♪

2008年9月 9日 (火)

緊急入院

今朝、母さんがオムツ交換してーと起こしにきたので爽やかにはーい♪と返事して洗面所へ。

ちょっとお腹を壊しててピーピーんこちゃんだったけど、シャワーで洗って新しいオムツに交換したとたん、「あ、またしたくなっちゃた」と言い終わらなうちに「あ!!!出ちゃった!」とcoldsweats02

こうなったら何十回でも換えてあげるから、何回でもしていいよーと、開き直り(笑)

んで、はずしたオムツを見たら

ギャッ!

真っ赤っか!

血便でしたwobbly

8時半になるのを待って病院へGO!

そのまま入院になっちゃいましたよヨヨヨ・・・

んで、さっそく点滴開始。

24時間点滴が続けられ、絶食なんだと。

昼間私がいる間に、止血剤と鉄剤の点滴をポートを通じて体内に・・・

んー、明日の朝どんな風になってるか。

腹すかせてブーたれてるかも(笑)

介護保険

『介護やったり遊んだり』あおさんの記事にTB

あおさんが書いてるように、始まるまでが大変でした。

といっても、我が家の場合は、結局ケアマネさんと契約までは行きませんでしたが、

確かに解からないコトだらけで、ホント困りました。

我が家は、出戻り娘の40を過ぎた娘(ミニョ)と、今のところ元気な親父@77歳無職と要介護者となった母@78歳の3人暮らし。

私は幸いにも、原チャリで10分の所に勤務しており、会社も大変理解のある社長の下社員さんも大変協力してくださり、母さんの通院なども朝遅出でも昼間抜け出しでも夕方早退でも大目にみてくれるので大変に助かっています。(シャチョー以下社員のみなさんありがとうございまーす!)

そして、母自身まだ認知症の症状はそんなにひどくないし、体も時間はかかるけど動かせるしつかまりながらでも一人でなんとか歩けるし、耳は遠くてもしゃべれるので、要求は、はっきりしてるから、じゅうぶんに親父とふたりでなんとか対応できています。

なので、ケアマネさんと契約して、ヘルパーさんを頼むほどでも無いしなーと、しばらく様子を見ることにしました。

介護認定を受けることで、受けられるサービスにどんなものがあるのか、もっと簡単に説明してくれる所があればあんなに悩まなかったのになぁbearing

2008年9月 8日 (月)

きちゃない話でごめん

夕べは、寝付いたと思った1時過ぎ、母さんの部屋のモニターからゴソゴソ音が聞こえ始めた。(私の部屋にスピーカーが設置してあるのだ)

寝ぼけながら、この音はオムツを取ろうとしてるのか?粗相しちゃったのかな?

母さんの部屋に行ってみると、親父も起き出してたけど、やっぱり粗相をしてしまったらしい。

補聴器をしてないので、耳元でどうしたの?と聞くと、トイレに起きようとしたら力んじゃって出ちゃったの・・・と悲しそうに言うので、励ましつつシャワーでお尻を洗い、オムツ交換して再度ベッドへ。

すーっと引き込まれるように寝てしまった(笑)

その後、汚れたオムツの始末して、ベッドに入ったのが2時過ぎ。

寝不足と昨日から月のモノが来てるのと重なって、頭痛と腰痛がひどい現在。

うぅ・・・更年期も重なってるのか?bearingツライっす

2008年9月 7日 (日)

要介護認定

今年圧迫骨折後、あちこちの病院を回った時に、何箇所かの病院で認定を受けたらどうだと言われた。

要介護認定というのがなんなのか、漠然としか知らなかったが、申請してみたら要介護2と認定された。

んで、次に何をすれば?

悩むことなく役所に問い合わせ。

差し上げた資料の中から、ケアマネージャーさんなる方を勝手に探せや!と・・・(もっと丁寧で、親切な対応でしたよcoldsweats01

もらった資料をパラパラ・・・

何十件もあるんすけど・・・基準は?クチコミ情報とかは?

どこが良いのかわっかんねーsad

福祉にちょこっと知識のある実姉に相談した。

ちょうど実姉の休みに合わせて一緒に、介護施設へ面談に出かけました。

色々話してみて、今現在の母には該当するようなケアは無い事が判明。

よって、契約はせず今月末のペインクリニックと認知症検査を受けてから改めてということにした。

友達が欲しいとかいう気持ちがあれば、デイケアに通えば良いのだろうけど、そういう気持ちにはなっていないのだ。

今は、痛い痛い~の我侭娘?になってる母さん(笑)

早く外に出る気になるくらい元気になってくれるといいなぁ~♪

2008年9月 6日 (土)

通院日

本日は、抗がん剤投与の日。

朝10時に病院へ入り、採血→看護士さんによる問診→Y先生の問診→点滴の針を刺し→輸液療法室にて抗がん剤投与開始→1時間後終了→会計→薬をもらって帰宅

10時から3時半まで病院に缶詰。

これを1週間おきに繰り返して5年・・・なっげー(^^;

途中毎週だったり、2週おきになったりしたけど、今は、1週おきで落ち着いている。

現在の母さんの体調は・・・

先週まで、癒着の痛みと圧迫骨折の痛みに相当苦しんでいたが、この2~3日良い感じに安定してる。

今日は特に良かったみたいだ。

階段も今までは、体を斜めにして降りていたのに、今朝はまっすぐに降りていた。

これが毎日だと良いんだけどなぁ~♪

先週は、夜中に寝ぼけてなのか、異常行動が見られたり、粗相をしちゃったりして私も寝不足になったりして大変だったのだが、今後はどうかな。

今月末に、腰のブロック注射にペインクリニックと認知症診断のため専門病院の予約をした。

ちょっぴり不安だけど、やらなくちゃね。

2008年9月 5日 (金)

はじめまして

初めての介護に右往左往する日々を記録代わりに始めたブログ。

同じような環境にいる人と、意見を交わしたり、アドバイスしあえるようになったらいいなぁ・・・

我が家は、平成15年に母が突然黄疸になり、検査を受けたところ

下部胆管癌と診断されそのまま入院、手術となりました。

12時間に及ぶ大手術でしたが心臓が丈夫だったのでしょう。

当時72歳だった母は、無事に乗り切りました。

3年後、腹腔内リンパ節に再発が見られ、入院し放射線治療にて押さえました。

さらに1年半後、下腿浮腫により3度目の入院。

そして今年、癌とは関係のない骨粗しょう症による圧迫骨折で入院。

いよいよ介護という名の生活を余儀なくされたのは今年に入ってから。

つい最近までは、自分が介護してるという意識はまったく無かったけど

病院で「要介護認定」を受けたらどうだと言われて、初めて、私って介護してるんだ~と気づいた(笑)

介護って言うと、つらくて悲しくて大変なことばかりだと思ってました。

でもね、こう言っちゃなんだけど、笑えることもいっぱいある。

笑わなきゃやってらんないこともある。

笑っていれば、つらいこともつらいと感じなくなるのだ。

ミニョの性格なのかもしれんけど、つらいつらいと泣くよりも笑い飛ばしちゃった方が、

自分も周りも辛気臭くならんで済むじゃん?

どうせ同じことするなら笑顔でやろうbleah

という、40代出戻り娘と78歳になった母と、77歳の元気な父との賑やか家族の日々を記録していきまーす。

よろしくお願いしますconfident

トップページ | 2008年10月 »

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ